夜間の尿回数...

夜間の尿回数の増加は①頻尿(膀胱にあまり尿を溜められない)、②夜間多尿(夜間の尿量が多くなる)、③睡眠障害(寝付きが悪い、眠りが浅く度々起きる)の、3つの原因があります。正確に診断し治療を行わなければ、治療効果は得られません。

 診断のための検査として超音波検査や尿検査、血液検査を行いますが、最も診断に重要な検査は「排尿日誌」です。排尿日誌は排尿した時間、排尿量、水分摂取量等を記載することで、1日の尿量や1回排尿量、夜間尿量を把握することができます。原因は複数あることが多く、一つ一つの原因に対して治療を行います。治療目標は①夜間排尿回数が1回減る、②初回夜間排尿までの時間を60-120分延長することです。治療にはお薬も使いますが、ライフスタイルの改善がとても重要です。

 ライフスタイルの改善には①昼寝は15時までで30分以内、②夕方運動をする、③就寝3-4時間前はアルコールやカフェインを控える、➃睡眠1-2時間前に入浴や足湯で体を温める、➄規則正しい食事や就寝、起床などが推奨されています。

 また糖尿病や心・肺疾患、睡眠時無呼吸症など様々な疾患で1日尿量、夜間尿量が増えてしまうため、そういった持病をお持ちの方は、その疾患の治療も大切です。

© 2020 医療法人清水泌尿器科 Wix.comを使って作成されました