ED...

 心因的要因や身体的要因に伴い、十分な勃起を得られない、もしくはそれを維持できないことをいいます。

 若い方では何らかの精神的ストレスが要因となることが多く、50歳前後からは動脈硬化による血流障害や糖尿病による神経障害などの加齢や基礎疾患が要因となることが増えてきます。

その他にも精神科薬や循環器に作用する薬剤の一部でもEDとなることがあります。

 現在ED薬としてバイアグラ(後発品:シルデナフィル)、レビトラ(後発品:バルデナフィル)、タダラフィル(後発品:タダラフィル)が処方可能です。それぞれの薬剤で効果時間や食事の影響を受けるか否かなど特徴があるので、生活スタイルに合わせて薬剤選択をする必要があります。

バイアグラ

 同じ系統のED治療薬が増えていきましたが、現在でも世界で最も知名度があり人気の高いED治療薬です。服用して30分くらいで効き始め4時間くらい効果は続きますが、食事に影響があり食後だと効果が落ちたり、遅れてしまうので時間を空けて服用します。

レビトラ

 飲んで15~30分と早く効き始め、バイアグラと同様に4時間くらい作用します。 食事をして早めに飲んでも効果が落ちにくい製品ですが、高脂肪食の場合は時間を空けて服用します。

シアリス

 服用して30分くらいで効き始めて36時間(丸一日以上)と長時間作用し、その後の食事もまったく関係なく、事前に服用しておけば、いつでも作用するという自由度の高さが他にはない特徴です。 海外では『ウィークエンド・ピル』の愛称で呼ばれています。

 また心血管系疾患をはじめとした基礎疾患をお持ちの場合、使用禁忌、使用注意となることがありますので、十分にご自身のお体の状態、常備薬を確認したうえでの使用が必要です。

© 2020 医療法人清水泌尿器科 Wix.comを使って作成されました