尿失禁...

 我慢できずに漏れてしまう「切迫性尿失禁」や、咳やくしゃみ、重い物を持ち上げたときなど腹圧がかかった際に漏れてしまう「腹圧性尿失禁」、膀胱に溜まった尿が自分で排尿できず溢れ出てくる「溢流性尿失禁」、麻痺などにより動作に時間がかかってしまい漏れてしまう「機能性尿失禁」など、失禁にも様々なものがあります。なかでも腹圧性尿失禁は特に女性に多く、骨盤内臓器を支えるハンモック状の骨盤底筋のゆるみにより生じるといわれており、骨盤底筋体操などである程度の改善、悪化の予防を行うことができます。

 複合的な原因で失禁が起こることもあり、十分な問診や診察で診断をつけ、正しい治療を行うことが大切です。

 ​ちなみに就寝中いつのまにか漏れてた...というのは遺尿といい、失禁とは違います。

© 2020 医療法人清水泌尿器科 Wix.comを使って作成されました