PSA検査...

 PSAとは前立腺で作られるタンパク質で、前立腺癌の早期発見に用いられます。正常値は4ng/ml以下ですが、前立腺癌以外にも排尿障害や尿路の炎症、射精後、自転車やバイクなど股が圧迫される乗り物に長時間乗った後にも上昇することがあります。そのため1回のPSAの値だけではなく、PSAの推移や前立腺肥大症の有無、尿所見など総合的にみて、前立腺癌が疑わしいか否かを判断します。

 またPSAが高いだけでは前立腺癌の診断できず、現在は前立腺のMRI検査で癌を疑う所見が強く認められた場合に、確定診断のため針で前立腺を刺して組織を採取する組織検査(生検)を行うことが多くなってきました。しかしご年齢やPSAの値を考慮し、MRIで前立腺癌を疑う所見がはっきりしなくても生検を行うこともあります。

© 2020 医療法人清水泌尿器科 Wix.comを使って作成されました